tume

日本爪ケア普及協会について

日本爪ケア普及協会は、爪ケア及びフットケアにおける技術の普及と啓発する活動を行うことを目的としています。

自らの倫理的成長をはかり、質の高いスキルの提供、

とくに高齢者や障がい者の日常生活の不便さを解消し活力を引き出し、社会に貢献していくことを目指します。

爪ケア技能検定は(特定非営利活動法人)日本爪ケア普及協会が主催する、爪ケア技能者の資格認定制度です。

検定にあたっての学習指導(eラーニングを含む)は、当協会の認定資格を持つ指導者および団体により運営されています。

介護従事者の方々へ

“大切な家族をこの施設になら預けたい”そんな施設を自分たちの手でつくっていきませんか?

仕事として割り切って働いていたとしても、変形した爪をそのままにしている現場で、見て見ぬフリをすることに心が痛んでいる方もいるのではないでしょうか。

もう少し自分の手で何か出来ることもあるんじゃないかな。。。その疑問に答えられる資格です。

ネイリストの方々へ

“アートだけじゃない、爪のトラブルはなんでもお任せ!”確実なアドバイスが出来る爪のプロになりませんか?

紹介出来る病院の情報を持ち、変形してしまっている爪を持つお客様に対し的確なアドバイスをすることで、諦めていた爪も見た目に美しい爪に変えていくことができます。変色している爪、変形している爪に、お客様に言われるがまま塗って隠してしまうようではネイリストとしてもプロとはいえません。

ネイリストはお客様の指先をより美しくしてそこに対価をいただくわけですが、お客様の持つ本来の美しさを引き出すための爪ケアの技術も身に付けてはみませんか?

鍼灸・接骨院、整骨院、整体院の方々へ

身体の痛みやお悩みの根本が、爪や歩き方にありそうだと気づいた時はどうしていますか?

(爪のトラブルを目にする機会は多い・・・)

でも、紹介出来る先も知らないし自分たちでは解決できない。

 

じっくりとお客様一人ひとりの身体に向き合ってアドバイスをなさっている施術者だからこそ、爪への知識・技術を身に付けて、より多くの根本治療を行い、わかりやすい説明を提供できたら、その分信頼も深く得られます。

施術は保険外のサービスになりますが、お客様ご本人も諦めていた長年のお悩みを目に見える形で解決できると、輝かしい明るい表情に変わります。

大切なご家族が介護施設を利用している方々へ

自分を育ててくれた親に介護が必要になった。

愛する我が子が障害を持っている。

 

大切な家族を施設に任せる覚悟を持つことは容易ではありません。

「離れた場所から見守ることしかできない」けれども「感謝の気持ちを精いっぱい表したい」そんな想いを形にします。

子どもの教育に携わる方々へ

NPO法人日本爪ケア普及協会では、爪のトラブルによって起こる足や体の歪みを予防するため、啓蒙活動を行っています。
爪を切り過ぎたり、間違えた切り方をしないよう、保育園・幼稚園、学校教育機関などで配布できる手紙を準備しています。
保健だよりの裏面などにご活用ください。
関係者は必要事項を入力の上、ご自由にダウンロードできます。

※ダウンロードの際に頂いた施設名は当WEBサイト上でご紹介させて頂く事がございます。予めご了承下さい。

法人概要

名称 特定非営利活動法人 日本爪ケア普及協会
所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町1-10-13 福岡ビル3階
電話番号 03-5926-3318
設立日 平成30年4月
目的

この法人は、広く一般市民を対象として、爪ケア及びフットケアにおける技術の普及啓発に関する事業を行い、自らの倫理的成長を追い求め、質の高いスキルを持って接することで高齢者や障害者の活力を引き出し、社会を活性化させることを目的とする。

上記の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。
(1) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2) 社会教育の推進を図る活動
(3) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

上記の目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。
(1) 爪ケア技能検定事業
(2) その他目的を達成するために必要な事業

page top